💙美術史文化講座 オンライン美術史講座 こんな講座も開講できます😉 リクエスト受付中

2021/11/29 22:41:47
タイプ
絵画・美術
名前
美術史文化講座 吉川
電話番号
+44 7920 432 839
メールアドレス

美術史文化講座では、美術作品から、文化や歴史をわかりやすくひも解きます。 知っていると美術鑑賞が断然おもしろくなる、キリスト教の文化史・ギリシア神話・シンポリズムなど、役に立つ知識の習得も目指します。 ロンドン発信ですが、ヨーロッパ美術や美術館、街、史跡も解説。

知識として残り、他の知識とリンクして活用できるような講座、ずっと後になっても、これを知ってよかった!と思うような講座を目標にしています。

以下のオンライン講座を開講可能です。 各講座は約100分。 各シリーズの各講座は、単発のご参加が可能。 表記はイギリス時間(日本時間はプラス9時間)。

1. 初心者向 ロンドンのナショナル・ギャラリー・シリーズ 絵画の見方を解説

*以下の講座をリクエストにより開講

前編 ダ・ヴィンチ、ラファエロ、カラヴァッジォなど

後編 ゴッホ、モネ、フェルメールなど

2. アーティスト掘り下げシリーズ

*ご希望のアーティストをリクエストください! ゴッホ、セザンヌ、モネ、レンブラント、フェルメール、ムリリョ、カラヴァッジョ、ラファエル、ダ・ヴィンチ、その他いろいろ可能です。

3. イギリス美術史シリーズ

12月2日木曜12時15分 ウィリアム・モリス 19世紀イギリスを代表するデザイナー

*以下の各講座もリクエストにより開講

テート・ブリテンの見どころ
イギリスの巨匠ターナーを徹底解説
コンスタブルの風景画とイギリスらしさ
18世紀後半を代表する建築家ロバート・アダムと貴族邸ザイオン・ハウス
19世紀前半を代表する建築家サー・ジョン・ソーン
繊細な耽美派、王立芸術院長レイトン卿

4. 絵画のスタイルシリーズ

*以下の各講座をリクエストにより開講

ゴシック、ルネッサンス、バロックなどの意味をわかりやすく解説
ロココ、新古典主義、ロマン派、印象派などの意味をわかりやすく解説

5. キリスト教講座シリーズ

11月27日土曜11時半、12月1日水曜11時半、12月6日月曜11時半 目からウロコ!ゴッホを聖書の視点から解読(3講座は同内容)

12月2日木曜9時45分 絵画と聖書で知るクリスマス、習慣や食べ物も解説

*以下の各講座もリクエストにより開講

絵画で知るイエスの一生
絵画と聖書で知る聖母マリア
絵画で知るキリスト教の年間カレンダーと色のシンボル
絵画と聖書で知るイースター、習慣や行事も解説
絵画と聖書で知る復活後のイエス 行事も解説
持ち物によってわかる聖人たち
ヨーロッパ主要都市の守護聖人
絵画で知るカトリックとプロテスタント文化の違い
聖地巡礼:ベツレヘム、ヨルサレム、ガリラヤで知るキリストの一生

6. ローマ 美術散策シリーズ
当方の専門分野です!

*以下の各講座をもリクエストにより開講

ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院とバロックの巨匠ベルニーニ
ローマ旧市街ぶらり美術散策  カラヴァッジォ、ベルニーニ、ボロミーニ
ローマの小さな教会特集
ローマ周辺の美しい史跡 フラスカーティ、ティボリ、アルバーノ丘陵

7. ギリシア神話シリーズ

*以下の各講座をリクエストにより開講

オリンポスの12神から6神を選んで徹底解説 前編
オリンポスの12神から6神を選んで徹底解説 後編
ナショナル・ギャラリーのギリシア神話の作品特集

8. 絵画に登場するシンボルを解説するシリーズ

*以下の各講座をリクエストにより開講

絵画に登場する花や果物のシンボル
絵画に登場する動物たちのシンボル
絵画に登場する鳥たちのシンボル

9. ヨーロッパの美術館の見どころシリーズ

*以下の各講座もリクエストにより開講

ルーヴル美術館の見どころ 絵画編
マドリッドのプラド美術館
ヴァチカン美術館
ローマのボルゲーゼ美術館
フィレンツェのウフィッツィ美術館
ヴェネツィアの美しい教会めぐり ティッツィアーノ、ティントレットも
オランダ、ハーグのマウリッツ・ハイス王立美術館
ドレスデンの国立絵画館

10. ロンドンの美術館シリーズ

*以下の各講座をリクエストにより開講

ロンドンのナショナル・ギャラリーの有名作や見どころ

ナショナル・ギャラリーの印象派特集 ゴッホ、モネなど

コートールド・ギャラリーの印象派特集

ヴィクトリア&アルバート美術館 18・19世紀イギリスのアンティーク 紅茶の習慣やモリスも解説

ヴィクトリア&アルバート美術館 17・18世紀ヨーロッパの極め付けアンティーク

ウォーレス・コレクション 18世紀パリの極上アンティーク陶器や家具 マリー・アントワネットの家具も

ウォーレス・コレクション 絵画編 ムリリョ、ルーベンス、フラゴナールも

ケンウッド・ハウスの絵画と建築 フェルメールやレンブラントも

*講座後の質問も、もれなくお答えします。

講座費(全講座とも、復習に役立つ講義メモと、大好評の復習シート付き)

1名1回のみの受講費 18ポンド (目安は2800円、為替相場により変動)
1名の3回受講分回数券 48ポンド(1講座あたり16ポンド。目安は7500円、為替相場によろ変動)

同じ機器でお二人の1回のみの受講費 26ポンド
同じ機器でお二人での3回受講分回数券 72ポンド (1講座あたり24ポンド)

お申し込み方法
ご希望の講座を、講座の4時間前までに、できれば6時間前までにメールでお知らせください。

注意事項
オンライン講座では、画像を細部まで鑑賞し、画面にメモを出しますので、スマホではなく、PCかタブレットでの受講を推奨します。

お支払い方法
イギリスの銀行のデビットカードでお支払い可能。 イギリス国外からでも、お住まいの国の通貨でカード決済できます。

**このほか、親と子の美術鑑賞クラスや、プライベート講座にも対応! お問い合わせください。

ご参加のお知らせやお問い合わせ、お待ちしています。

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile +44 7920 432 839

吉川の経歴は、このすぐあとの掲示、美術史文化講座の日程表の掲示をご覧ください。

画像は左から、ケンジントン・パレスのヴィクトリア朝式クリスマス・ツリー(クリスマス特集)、ゴッホの種撒く人(ゴッホと聖書)、ウィリアム・モリスのいちご泥棒の布地

F3b9ce67 40aa 4c87 83ca 9428d436dc87
B2407119 f163 44e9 a4aa 1350cf0e02d8
E011515f 66c0 47a6 aa6e 6d91ad0ab3e7
記事No. 14387

パスワードを入力してください