オンライン家庭教師。現地校、インターナショナルスクール, 日本人学校、IELTS,TOEFL等

2020/04/06 10:13:27
タイプ
家庭教師
名前
山中 (女性教師)
メールアドレス

特に現地校やインターナショナルスクールに通うお子さんは、英語力、論文を書く能力、プレゼンデーション、ディベートの能力を伸ばすのに苦労されます。日本人としてこれからの国際社会で生活し、仕事をしていく上で、これらの能力は大きな助けになります。

日本人学校の生徒さん向けには、日々の宿題や勉強のお手伝いも致しますのでお気軽にご相談ください。
_____________________________________________________________________________


早稲田大学政治経済学部政治学科卒、ロンドン大学修士号取得。
家庭教師、塾講師歴 25年以上

現地校、インターナショナルスクール、IB、日本人学校全て対応。
中・高・大学生・成人。
各種受験、英 / 日 論文。教科など応相談。

英会話レッスンもOK。

遠方の方はスカイプレッスンも可能です。

山中 (女性教師)

<生徒さんの声>

私は、日本のIBの学校の編入試験の為に山中先生に英語エッセイの指導をしていただきました。最初は、先生とディスカッションをして、考えながら書くのに戸惑うことも多かったのですが、英語での表現方法で構成と考えを瞬時にまとめることができるようになり、約4倍の倍率でしたが合格することができました。また、学校でも、エッセイのテストで、ネイティブの友達の中、1番の成績を取ることができ、担当の先生からもお褒めの言葉をいただきました。山中先生、充実した楽しいレッスンをありがとうございました! (東京学芸大学付属国際中学 合格)

先生には約2年間ご教授いただきました。始めは英語力の向上と、学校から出される数々の課題をこなすサポートを。その後、スピーチ練習や、英国と日本の社会問題の比較検討などの多様な題材も加えて取り組みました。丁寧かつ的確なご指導のもと、各課題を達成するために、私が抑えるべき要点が何か、どのような手順を踏むべきか、明確に示した上で導いてくださいました。また、豊富な経験談から様々な興味深いお話を聞かせていただいたり、新たな視点を共有していただけたりしたことで私自身の視野が広まったように感じています。学校の授業の一つである、知の理論(Theory of Knowledge)、哲学に似た授業では、独特の論文の書き方に苦労させられていました。しかし、先生の2年間のご指導、助言もあり、最終課題論文、プレゼンでは無事に好成績を収められました。どのような希望にも柔軟に対応してくださるので安心して頼ることができる先生だと思います。(ドイツのMartin Luther University 合格)

 私は12年間海外に住んでいます。先生の授業を受ける前は、普段は家庭以外では日本語に触れる機会が全くありませんでした。日本の学校に通ったことがないため、日本語で話す、読む、書く力がかなり劣っていました。
先生が出される毎週の宿題は小説を読み、作者が伝えたかったこと、または自分の意見を作文に書くことでした。そして授業では、一緒にその小説を深く読み込んで分析しました。そのおかげで読解力が飛躍的に上達しました。また、ある日は作文の書き方、別の日は話す練習をするなど、先生は毎週私に合わせた授業内容を考えてくださいました。そして、GCSE とA levelの試験のために準備を一緒にしてくださり、その結果、両方でA*を取ることができました。日本語がとても苦手で漢字の読み書きも不得意な私でしたが、ロンドンに住み、現地の学校に通いながら、日本語の力をつけることができました。(UCL 合格)

私は約一年間、山中さんにお世話になりました。IELTSの対策や、学校のエッセイ作成を主に手伝っていただきました。IELTSの対策では、普段、自分だけではなかなか対策できないスピーキング対策もしていただき、試験前には自信がついたように思います。プリントなどで文法やライティング基礎から見直すことで、山中さんが私の得意、不得意な部分をしっかりと把握してくだり、個々に最適なプログラムを毎授業ごとに提供していただきました。エッセイの作成では文法の添削だけではなく、エッセイの正しい構造や、内容の組み方もまた丁寧に教えていただき、年の最後のエッセイでは、初めに比べて、うんと自身で考えて書く力がついたな、と実感しましたまた、勉強面だけでなく、その時の自分のコンディションなども山中さんが気遣ってくださったおかげで勉強飽き性の私でも無理なく継続できたのだと思います。感謝、感謝です! (22歳University of Kent, BA取得)


写真 ©bodleian.ox.ac.uk

20150131 203823a197
記事No. 1558

パスワードを入力してください