♪東京藝大卒、英国名門音楽院大学院修士課程特待生のロンドン在住プロバリトン歌手による声楽レッスン♪

2022/05/19 11:44:29
タイプ
音楽
メールアドレス

英国在住のバリトン歌手奥山裕樹による声楽(オペラ・歌曲・オラトリオ他)のレッスンをオンライン又は対面(ロンドン市内スタジオにて)でレッスンを行っております。アマチュアからプロフェッショナルまで幅広く対応しております。現在ありがたいことに多数のお問い合わせを頂いております。ご興味おありの方は早めにご連絡下さいませ。

レッスンではまずボイストレーニングで皆様のお声の可能性を最大限まで引き出すための"声のエクササイズ"を行い、その磨いたお声を用いてイタリア語のオペラの楽曲をはじめとし、様々な世界中のクラッシックの名曲を歌えるように一から丁寧にお教え致します。

お支払いは基本的に日本の銀行間でのオンライン振込みにて承っておりますが、生徒様のご都合に合わせることが出来る場合もございますので、日本の口座間でオンラインでの送金が難しい等、問題がございましたら事前にご相談下さい。

料金
オンライン 6000円 / 1時間 (諸経費込み)
対面 7000円 / 1時間 (諸経費込み)
*初回の体験レッスンは上記料金から1000円引き。
*対面レッスンではプロフェッショナルのピアニストに伴奏を弾きに来て頂く為、ピアニストに別途3000円をお支払い頂いております。レッスンの質をより高める為ですので、どうぞご理解の程宜しくお願い致します。

初回の体験レッスンは通常料金よりもお安く設定しております。ご興味がおありの方は下記メールアドレスまでぜひご連絡下さい。
※メールの件名に必ず「声楽レッスンに関して○○○○○○○(お名前)」とご記入くださいませ。

utahasubarashi@gmail.com

講師プロフィール

奥山裕樹-Yuki Okuyama

イギリス在住のバリトン歌手。東京藝術大学にて川上洋司教授の元で学び、卒業後は世界的名歌手の故ピーター・ピアーズの弟子にあたり自身も国際的な歌手であるニール・マッキー教授の元で研鑽を積んだ後、トリニティ・ラバン音楽院大学院修士課程にキャサリン・クリード奨学金を授与され特待生として入学し、現在はモラグ・ノーブル奨学金を受賞し同音楽院大学院修士課程2年次に在籍しリントン・アトキンソン教授・ケルビン・リム氏の元で研鑽を積む。2022年5月に在英イタリア文化会館にてオペラCo-Pro主催 W.A.モーツァルト作曲 《ドン・ジョヴァンニ》にてタイトルロールを急遽代役で演じ好評を得て、その公演の様子の一部がComplitaly-Newsにて放映された。2019 年にはイギリス南部のブロード・ストーン音楽祭にてヴォーン・ウィリアムズ作曲の《音楽へのセレナード》にソリストとして出演し英国デビューを果たす。さらに、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏のピアニストを務めたことで名高いウバルド・ファッブリ氏をはじめ、ロバート・アルダーソン氏、ジョアン・ロジャーズ氏、アンドリュー・ショア氏らのマスタークラス受講生に立て続けに選出され、各氏より好評を得る。近年はとりわけ古楽の分野で高い評価を得ており、J.S.バッハの教会カンタータBWV82/107/127/140、C.モンテヴェルディ作曲のMess a Quattro voci da cappella等のソリストを務める。また、オペラの分野では2021年12月にプッチーニ作曲《ラ・ボエーム》マルチェッロ役でブラックヒースホールにデビューを果たし、2022年2月にはオペラ・インテグラ定期公演ニコライ作曲《ウィンザーの陽気な女房たち》フォード役でゲスト出演した。さらに、これまでにロンドン市内でミヨー作曲《罪ある母》フィガロ役、ヨハン・シュトラウス作曲《ヴェネツィアの一夜》パッパコーダ役等オペレッタや現代オペラへの出演も果たし、いずれも各方面より称賛を受ける。その他、2018年にチャーリング・クロス病院ランチタイムコンサート「シェア・オブ・ジョイ」、2020 年にロンドンのパディントンにて開催されたアサヒビールUK協賛の東日本大震災復興支援を目的としたチャリティコンサートにいずれもソリストとして出演する等、音楽を通じた社会貢献活動も積極的に行っている。オペラ・オラトリオ・歌曲の幅広いレパートリーを持ち、将来を嘱望される若手バリトン歌手の1人である。

ご興味のある方はお気軽にutahasubarashi@gmail.comまでご連絡下さい。
※メールの件名に必ず「声楽レッスンに関して○○○○○○○(お名前)」とご記入くださいませ。

62af6bfb 5636 43bd b89f 13dec0964b5d
記事No. 22884

パスワードを入力してください