プレゼンの為の発音:Pronunciation for Presentation

2019/03/24 11:06:22
タイプ
プレゼンの為の英語発音
メールアドレス

大学や職場でプレゼンをひかえている方、研究発表や仕事でプレゼンなどのパブリック・スピーキングの機会が多い方の為の発音レッスンです。

聞き手にストレスを感じさせず、話の内容にが伝わる発音やイントネーションを目指します。

レッスン内容:
無料コンサルテーション(30分):コンサルテーションとレッスンのイントロ

レッスンでカバーするトピック:

☆ 音の高低(Intonation) 
イントネーションによって、同じ文章でもニュアンスが変わったり、肝心の部分が伝わりにくくなることがあります。イントネーションを改善することで、本当に言いたい事が聞き手に伝わります。

☆ 意味のかたまり(Chunking) 
文章の切れ目やポーズの位置が違うと意味が理解しにくくなります。また、かたまりの長さに変化を持たせることで、聞き手の集中力の持続にもつながります。

☆ 音のかたまり:音節(Syllables) 
音節の数を意識することで英語らしい発音に。特に長い単語などは、発音しやすい上に通じやすくなります。

☆ 強弱とメリハリ (Stress, Weak forms)
強弱とメリハリがあることで、聞き手を疲れさせず、自然に耳に入る英語になります。また、ここを伝えたいという部分を上手く強調することも出来ます。

☆ 子音の発音 (Consonant clusters, L/R, etc.)
子音は意味を表す役割があるため、内容をしっかり伝えるためにもきちんと発音することが大切です。

☆ 母音の発音 (Single vowels/Diphthongs)
coldとcalledのように、母音が違うだけで違う単語になってしまうものが沢山あります。前後関係で理解してもらえる場合も多いですが、きちんと発音できれば、聞き手が 「えっ?」と思う回数が減ります。

☆ プレゼンの練習
上記の内容を使って、実際にプレゼンの内容を練習・改善していきます。

対面でのレッスン:1回 90分
Skype/FaceTime:1回60分

ご自分のペースに合わせてレッスンが受けられます:
1回60分から90分を週1−2回のペースがおすすめですが、スケジュールが合えば1日数時間レッスンや毎日のレッスンで集中して受講したり、1−2ヶ月に1回ペースでじっくり練習するなど、スケジュールやご自分のペースに合わせて受講して頂けます。

Skype/FaceTimeレッスンは、週末のレッスン、夜のレッスン(23時まで)もあります。早朝レッスンはご相談下さい。

詳細のお問い合わせ・無料コンサルテーションのご予約はEメールで:
london.de.english@gmail.com

Tutorについて:
  資格・経験
• TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)をロンドンで取得
  (音声学/発音、文法、教授法などの科目全て成績「A」)
• TESOLコースの一部(語学教授法)を教える
• University College London(UCL)で音声学と発音を学ぶ
• 発音Tutor経験10年、英語Tutor経験20年以上
• Massey 大学(ニュージーランド)心理学部卒業
その他
• 英語圏での生活24年以上:1995年来英(途中でニュージーランドに5年在住)
• 24歳の時4ヶ月間の語学留学で英語を習得し、その後日本で英会話スクール講師歴2年
• 日本人女性

3 mk photo %e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88 michrophone
記事No. 8843

パスワードを入力してください