🌺美術史/歴史アドバンス講座:紅葉のケンウッドハウス 10/22  ArtLogue

2021/09/28 17:02:56
タイプ
歩く文化講座
名前
アートローグ
メールアドレス

アートローグは、2012年よりミュージアムを教室に美術史と歴史講座を開催してきました。
ロックダウン中はオンライン講座に切り替えましたが、ミュージアム見学できるようになったので、
9月より、ミュージアムでの講座を再開いたします!!

アドバンス講座では、アートローグの基礎講座で美術に親しみ、イギリスの基本的な歴史を学んで頂いた方々に、さらに、学ぶ喜びを感じていただける講座です。
もちろん、ご関心があれば、基礎をすっ飛ばして、ご参加ください。

日本では簡単には学べないこと、イギリスに住んでいるからこそ広げていただける教養を広めてみませんか?
基礎でもアドバンスでも、一方的な知識の伝授ではなく、ご自身が「学ぶ喜び」を感じていただけるような講座づくりを心がけています。

★ WHAT?★

<ウォーレスコレクション> ロココ美術と貴族邸宅の組み合わせが素晴らしい!:ルーベンス、フランス・ハルス、ブーシェなどを鑑賞しましょう。

<ケンウッドハウス> 自然とカントリーハウスと一緒に堪能する美術館:レンブラント、フェルメール、ゲンズボローなどと出会えますよ!

<テートブリテン> イギリスにいるならイギリスの美術を:ターナー、コンスタブル、ミレイの「オフィーリア」、ヘンリー・ムーアなどの現代アートまでを学びます。日本ではできない贅沢!

<テートモダン> 20世紀、21世紀美術を対象とする世界最大級の美術館。ピカソ、マティス、ダリ、モンドリアン、ヨーゼフ・ボイスなどから現役のアーティストの作品まで。現代アートはエキサイティング!

<大英博物館> 古代エジプト史
古代エジプトの三千年の歴史について、大英博物館の秘宝を見ながら、順を追って概観します。人々の暮らしにも注目して身近に感じませんか?

<大英博物館> 古代ギリシア史
古代ギリシアはパルテノン神殿だけじゃない。彫刻や壷、多様な表現に隠れた文化の奥深さ、誕生から死まで人生に関わる事を学びます。ギリシャに行かれた方、これから行かれる方には特におすすめ。

<V&A美術館> 美術工芸品をみながら、中世から18世紀までのヨーロッパの生活史やスタイルの変遷を追っていきます。また、その背景にある社会の流れについてもみていきましょう。


★ WHEN & WHERE? ★
 10時30分~12時30分 (ケンウッドハウスのみ11時開始)

各回催行人数 3ー8名様 (3名以下の場合はキャンセルもあり)
 残席数が3以下になったら、数字を右側に示します。

9/17(金)テート・ブリテン美術館   【満席】 
9/24(金)ウォーレス・コレクション美術館  【満席】
10/1(金)テート・モダン 【満席:キャンセル待受】
10/22(金)ケンウッドハウス 周囲のハムステッド・ヒースは紅葉のシーズン、フェルメール、レンブラントなどの名画やエレガントなお屋敷と一緒に自然も楽しみましょう!その後来春まで開講しません

11/4(木)大英博物館 古代エジプト史 (日本で特別展開催中)
11/18(木)大英博物館 古代ギリシャ史 
11/25(木)大英博物館 古代ローマ史 (予定)
12/1(水) ヴィクトリア&アルバート美術館:ヨーロッパ文化史
12/8(水) テート・ブリテン美術館

この後も講座をUP DATEしていきます

12月はじめまで同内容を繰り返します。
(来年は曜日を変えて、実施)

★ To Whom? ★
基本的には、大人向け(16歳以上)の教室です。1歳未満のお子様を教室時間だけ抱っこ紐でお連れの方でご希望の方は、お子様の様子を見ながらご相談させていただきます。

★ HOW MUCH? ★
1クラス2時間 お一人 £25
4回一括 £88 / 3回一括 £69  (3ヶ月有効:お友達とシェアーもOKです)
お支払い:カード決済

★ HOW? ★
以下のURLに詳細とご予約ページがあります。

http://www.artlogue.online

【コロナ対策】
 ・講師はマスク着用、ワイアレスオーディオシステムを用意しますので、間隔を空けてご参加いただけます。(遠くても講師の声が聞こえる)
 ・講師は2回のワクチン接種済み、自主的・定期的に検査も行っています
 ・講座日前に、コロナを疑う症状がでたら、ご参加を見合わせてください
 ・状況が変わり、英政府より要請が出た時は、ツアーをキャンセルし、全額返金します

★ Who? ★
講師の吉荒夕記は美術史と博物館学の専門家です。
日本の国立民族学博物館でエデュケーターとして活躍しました。
もっと歴史や理論を学ぼうと英国レスター大学で博物館学の修士(MA)を取得した後、ロンドン大学で美学の博士号(Dr)を取得しました。
大英博物館でアシスタントキュレーターとして働いた経験もあります。
現在、文化を中心とした旅のコーディネートやミュージアムの調査研究を行っています。

<著書>
NEW! 単著「バンクシー:壊れかけた世界に愛を」2019/9/10 美術出版社より刊行
単著『美術館とナショナル・アイデンティティー』(2014)玉川大学出版部
共著「新編博物館概論ー”ヨーロッパの博物館”(2011)同成社 鷹野光行他編
『ハレ旅ロンドン』(2016) 朝日新聞出版:アート&ミュージアムの執筆担当。

アマゾン書店で扱っています。下のアドレスをクリックしてください。
https://amzn.to/2PkW0gp
https://amzn.to/31bKKDN

Mixb advance 3
Logo right
John everett millais ophelia detail face
記事No. 1764

パスワードを入力してください