🌺住む国の歴史を博物館で学ぶ: 3月まで全教室満席につきキャンセル待受中★アートローグ

2019/02/15 16:12:40
タイプ
歩く歴史教室
名前
アートローグ
メールアドレス

おかげさまで、アートローグの歴史教室は3月まですべて満席になっております。
しかし、たくさんの皆様が昨年末からお申し込みをいただいているので、
キャンセルがでる可能性もあります。
状況ご理解いただければ、キャンセル待ちのお申し込みを受け付けております。
4月以降おやすみをいただき、同教室は、今年秋から再開いたします。

*****

「イギリスに暮らしながら、実はこの国の歴史はあまり・・・」
「歴史? あんまり関係ないなー」・・・
なんて思っていません?
歴史は過去に留まったものではなく、今に深く結びつきます。この国で仕事をしたり、学校に通ったり、生活しているなら、歴史を知れば、英国に対する理解が深まる。町を歩いてもニュースをみても楽しくなる。ご家族やお友達を案内する時も役にたつ。日本では学べない、もっと大きな歴史に触れる事ができます。

「学ぶことの喜びを実感する教室」-アートローグはそんな教室を目指しています。

★WHAT?★
英国史/古代文明史の基礎クラスです。ミュージアムの展示を見ながら、その時代背景のお話を聞いたり、グループで語り合ったりしましょう。教室は次の4つがあります。

<1>大英博物館 The British Museum
大英博物館の元アシスタントキューレターが、エジプト、メソポタミア、ギリシアの古代文明史上にのこる重要な展示物を解説します。日本からご家族やご友人がいらした時にも役立てていただけるはず。

<2>肖像画美術館  National Portlate Gallery
ヘンリー8世からケイト妃まで、歴史上の人物の肖像画をみながら、英国の歴史を楽しく学ぶ入門講座になります。でも、そんな堅苦しいものではなくて、英国王室はまるでドラマをみるように楽しい。英国史はあまりという方は、この講座を最初に受けられる事をおすすめします。

<3>ヴィクトリア&アルバート美術館 Victoria & Albert Museum (V&A)
チューダー朝からヴィクトリア時代まで、美しい工芸を堪能しながら、スタイルの変化を学びましょう。器や家具や衣装の裏には、その当時の人々の生活が伺えるし、ものの考え方の変化も手に取るようにわかります。

<4>ロンドン博物館 Museum of London
古代ローマ時代から、中世、ロンドン大火を経て、ヴィクトリア時代、現代まで、ロンドンの町を歴史的に学びます。この講座を受ければ、歩くロンドンの町がまるで歴史映画をみるように、面白くなります。

★WHEN?★
2019年初春は、毎金曜日 10時45分〜12時45分の 2時間 
2019年2/13 〜 3/13は、毎水曜日 10時45分〜12時45分の 2時間 

4教室を全て通しで出席する必要はありません。1回でもOK.
曜日や月が別になっても、歴史の流れを理解していただけます。
1教室毎、2−9人。

 2/13(水) 大英博物館 古代史ハイライト  【満席キャンセル待受】       
 2/27(水) 肖像画美術館  英国王室史 【満席キャンセル待受】
 3/6(水)  ヴィクトリア&アルバート美術館 英国 生活/工芸史 【満席キャンセル待受】
 3/13(水)  ロンドン博物館 ロンドンの歴史/普通の人々の歴史 【満席キャンセル待受】 

その後、しばらくはお休みをいただき、9月後半より同様の教室を開催する予定です。

★ To Whom? ★
基本的には、大人向け(16歳以上)の教室です。ただし、1歳未満のお子様をバギーでお連れの方は、お子様のご様子次第で、ご参加いただくこともできます。 ご相談下さい。
学校のお休み時には、9-15歳向けの親子教室も行っています。

★ HOW MUCH? ★
2時間でお一人  £21

催行人数2~9人まで。定員になり次第、受付締め切り。
お支払い方法は、当日現金で。
*アートローグの全ての教室で使っていただけるお得な回数券があります。

★ HOW? ★
以下のURLをクリックして、必要事項を記入して、ご送信下さい。
https://goo.gl/forms/lGImfr6DAhG3bRBz1

以下の問い合わせ先メールアドレスに、お名前、メールアドレス、携帯番号、教室日を明記してくださっても結構です。

******

★ Who? ★
講師:吉荒夕記 (Dr.)
ミュージアム・コーディネーター、博物館学・美学研究者
日本の学芸員資格を有し、大阪にある国立博物館ではミュージアム・エデュケーター(教育担当官)として勤務しました。
レスター大学大学院の博物館学部にて修士課程修了し、更に、ロンドン大学の美学部にて博士過程を修了後、博士号を取得しました。
大英博物館のアジア部門でアシスタントキューレターとして勤務した経験もあります。
● 単著『美術館とナショナル・アイデンティティー』 (2014)玉川大学出版部 
 詳しくは、以下のアドレスをクリックしてください。
http://qq1q.biz/oLl2

●『新編博物館概論ー”ヨーロッパの博物館”』(2011)同成社 鷹野光行他編
『ハレ旅ロンドン』(2016)朝日新聞出版:アート&ミュージアムの執筆担当

Mixb history 4
Logo right
William morris
記事No. 1766

パスワードを入力してください