💙美術史文化講座:夏休みの親子講座のご案内(8月17日以降)

2018/07/22 00:21:58
タイプ
美術史文化講座
名前
美術史文化講座 吉川
電話番号
07920 432 839
メールアドレス

美術史文化講座より、ご好評の夏休みの親子講座のご案内です。 お子様がご自宅にいらっしゃる夏休みに、ナショナル・ギャラリーはじめ、ご希望の美術館で、親と子の美術鑑賞はいかがでしょうか?  

美術史文化講座の親子講座はオーダーメイド!! ご希望の美術館で、ご希望の日時に、ご希望のメンバーで、個別に親子講座を開講させていただきます。

日本では決して見られない本物の美術作品に、子供たちがじかに触れられるまたとないチャンス! 子供の視点に立って、重要なポイントをわかりやすく解説します。 またうれしいことに、多くの国立美術館・博物館は、ロンドンでは入場無料! この機会にぜひ親子講座をお試しください。 特に、お子様お一人よりも、お友達と一緒なら、良い意味で競争心が湧き、学習意欲が数段増して、楽しく学んでいただけます。 2~3家族が理想的です。

もし別の講座が予定されていても、すでにお申し込みの方がいらっしゃらない限り、親子講座のリクエストを優先して開講します。

お申し込み方法

1. 8月17日以降で、ご希望の日時を、できれば2つ以上、お知らせください(ただし、金曜と火曜の午前と、日曜日は除いてください。 土曜はOKです)。 できるかぎり調整して、ご希望の日時に親子講座を開催させていただきます。 *ご希望の場所によっては、開始時間をすこし調整する場合があります。

2. ご希望の場所があれば、ご指定下さい。もし特にご希望の場所がなければ、まずはナショナル・ギャラリーで講座を行います。 ご希望のテーマがもしあれば、お知らせください。

たとえば、以下の場所は、すべて無料で入場できます:

・ ダヴィンチやゴッホ、フェルメールなどの作品が見られるナショナル・ギャラリー (ご希望のテーマ指定も可能)

・ ロゼッタ・ストーンやエジプトのミイラがある大英博物館

・ オブジェ中心で子供たちがとても近づきやすいヴィクトリア&アルバート美術館

・ ターナーやオフェーリアなどイギリス美術に触れられるテート・ブリテン

・ 18世紀フランスのインテリアで、プリンセス気分になれるウォーレス・コレクション(女の子向き)

・ キリスト教文化や習慣、意味がよくわかるウェストミンスター・カテドラル(カトリックの大聖堂)

また、フェルメールやレンブラントが見られるハムステッドヒースの美術館ケンウッド・ハウスや、ウィリアム・モリスが住んでいたウィリアム・モリス・ギャラリーも入場無料です。

このほかの美術館やパレスなどでもOKです。 入場料や交通費がかかりますが、英国王室のハンプトン・コート・パレスやケンジントン・パレス、印象派の傑作があるコートールド・ギャラリー、セント・ポール寺院、ウィリアム・モリスのレッド・ハウス、馬や白鳥もいるオスタレー・ハウス、ケンブリッジ散策など、当方のアウティング講座で訪問する場所ならどこでも親子講座が可能です。

講座費
入場無料の美術館では、80~90分の場合、親子二人の場合28ポンド、大人一人子供二人の場合は35ポンド(ただし、広大な大英博物館の場合は、100~120分程度で、親子二人30ポンド、大人一人子供二人は37ポンド)。 三家族以上でのお申込みは、一家族につき2ポンド割引で、お得です!!  なお、入場料が必要な美術館や遠方の美術館は、親子の入場料や交通費をご負担いただくことになり、講座費も少し上がります。

お子様の年齢は、5歳から15歳までを考えていますが、それ以外の年齢の場合は、ご相談ください。

お誘い合わせのうえ、お問い合わせやお申し込み、お待ちしています!!

なお、勝手ながら、7月16日から8月15日まで夏季休暇をいただきます。 休み中のご連絡もウェルカムです! すぐにご返事できない場合がありますが、必ずご返事申し上げます。

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile 07920 432 839

京都市出身 立命館大学文学部卒業
シティー・ユニヴァーシティー(ロンドン)芸術経営学 大学院ディプロマ修得
フィリップス・オークショニアーズ勤務後、ボンド・ストリートの老舗画廊アグニューズでコンサルタントを18年務めながら以下の学位修得
ロンドン大学 コートールド・インスティテュート 美術史 大学院ディプロマ修得
ロンドン大学 ユニヴァーシテイ・カレッジ 美術史 修士号修得 博士課程満期終了

写真は、親子講座の様子。 左から、大英博物館、ウォーレス・コレクション、ウィリアム・モリス・ギャラリー

Oyako bm
Oyako wallace
Oyako morris
記事No. 3762

パスワードを入力してください