💙美術史文化講座: ロンドンの美術館などを訪問(5月の平日編) スケジュール追加します!

2019/04/20 11:35:35
タイプ
美術史文化講座
名前
美術史文化講座 吉川
電話番号
07920432839
メールアドレス

5月の平日のスケジュール  *5月20日以降の講座を、今後追加してゆきます!

少人数で、ナショナル・ギャラリーを中心に美術作品を体験・鑑賞し、歴史や文化をわかりやすくひも解きます。 美術をほとんど知らない方でも、ちょっと通の方でも、お楽しみいただける美術史文化講座です。  清々しい花ざかりの5月には、アウティングを増やしました。 ちょっと散財でも、きっと「行ってよかった」と心に残る場所を厳選しています。

上記のリンクから美術史文化講座のフェイスブックもご覧下さい。 フェイスブックをされていない方もご覧になれます。

以下の講座を開催。 講座は一回ごとに、ひと区切りになっていますので、単発でのご参加も可能!

ご参加の方は、お知らせください。

1. 金曜講座と火曜(リピート)講座
ヨーロッパ絵画の宝庫、ナショナル・ギャラリーの作品を系統立てて時代順に鑑賞する講座と、関連する他の美術館も鑑賞。 ロンドンにいるからこそ体験できる本格的な美術史講座、初めての方も大歓迎! 単発のご参加もOK、続けてご参加いただくと確実に力が養われます。 金曜と火曜の講座は同内容で、明記のもの以外は10時半から12時までと、1時から2時半までの2クラス(同内容)。

5月3日(金)と7日(火)ナショナル・ギャラリー  17世紀イタリアのバロック絵画 カラヴァッジオも登場! 21ポンド

5月10日(金)と14日(火)ナショナル・ギャラリー  17世紀のスペイン絵画 ベラスケスを中心に 21ポンド

5月17日(金)と21日(火)ナショナル・ギャラリー  バロックの巨匠ルーベンスと、その弟子ヴァン・ダイク 21ポンド

5月24日(金)と28日(火)ヴィクトリア&アルバート美術館  17世紀ヨーロッパ王侯貴族のアンティーク家具と陶器、調度品 South Kensigton *両日とも10時10分からと、12時50分から 22ポンド

5月31日(金)と6月4日(火)ナショナル・ギャラリー  17世紀オランダ絵画(1)レンブラントを中心に 21ポンド

6月7日(金)と11日(火)ナショナル・ギャラリー  17世紀オランダ絵画(2)フェルメールと日常絵画を中心に 21ポンド

2.平日の10時ごろ開始の講座
*開始時間は、ご希望によって少しずらすことも可能

5月1日(水)ナショナル・ギャラリー  ゴッホ、フェルメールなど有名作を広く解説 10時10分から 21ポンド

5月2日(木)オスタレー・パーク(ナショナル・トラスト) 馬や白鳥もいる18世紀カントリー・ハウス この時期だけのブルーベル群生も! 地下鉄Osterleyに10時半 入場料12ポンド(Art FundとNational Trustは無料)、講座費25ポンド 最少決行人数2名

5月8日(水)ナショナル・ギャラリー  絵画と聖書で知るヨーロッパの伝統: 復活後のイエス 習慣や行事も解説 10時半から 21ポンド

5月9日(木)ケンウッド・ハウス  ハムステッド・ヒースの美術館、フェルメールやレンブラントも 10時45分から 地下鉄ArchwayかGolders Greenからバス約10分 22ポンド 最少決行人数2名

5月13日(月)テート・ブリテン  ゴッホとイギリス展  10時から 地下鉄Pimlico 入場料22ポンド(Art Fundは半額)、講座費22ポンド

5月15日(水)エルサム・パレス(イングリッシュ・ヘリテージ)  古き良き帝国ホテルを思わせるアール・デコの豪邸、堀のある庭園広大! Charing Cross駅10時10分集合、鉄道25分 入場料15ポンド(Art Fundは無料)、講座費25ポンド 最少決行人数2名

5月16日(木)ヴィクトリア&アルバート美術館  18・19世紀イギリスのアンティーク 紅茶の習慣やヴィクトリア朝、W.モリスも解説 10時10分から 22ポンド

5月20日(月)ハム・ハウス(ナショナル・トラスト)  テムズ川沿い17世紀貴族邸の草分け! 11時15分Richmond駅集合、バス15分 入場料12.5ポンド(Art FundとNational Trustは無料)、講座費25ポンド 最少決行人数2名
 
スケジュール更新中、予定を追加してゆきます!

*他に訪れたい場所やテーマのリクエスト募集中

3.午後開始の講座
*開始時間をずらすことも可能

5月1日(水)レッド・ハウス(ナショナル・トラスト)  ウィリアム・モリスの新婚時代の自宅、お庭癒し系! Charing Cross駅12時10分集合、鉄道35分 入場料8.4ポンド(Art FundとNational Trustは無料)、講座費25ポンド 最少決行人数2名

5月8日(水)ナショナル・ギャラリー  オリンポスの12神から、6神を選んで作品の前で解説 前編 1時から 21ポンド

5月13日(月)テート・ブリテン  ターナーなど有名作を広く解説 1時半から 地下鉄Pimlico 22ポンド 

スケジュールを更新中、予定を追加してゆきます!

*他に訪れたい場所やテーマのリクエスト募集中

4. 親と子の美術鑑賞クラス
ご希望の美術館での親と子(5歳から14歳まで)の美術鑑賞、所要時間は約90分。 ナショナル・ギャラリーなど入場無料の美術館では、親子二人で28ポンドから、大人一人子供二人は35ポンドから。 入場料がある美術館などでは少しだけ高くなります。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

5. 美術館 プライベート訪問
ロンドンのいろいろな美術館を解説するプライベートな美術館や史跡訪問。 入場無料の美術館で1時間半の場合、3名以上は1名あたり21ポンドから、2名は55ポンドから(マイバスのガイドの約半額)。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile 07920 432 839
略歴は、美術史文化講座の他の掲示をご覧ください。

#美術史文化講座 #ロンドンの美術史講座 #ロンドンの美術館

画像は左から、オスタレー・パークのブルーベルの群生、ウィリアム・モリスの自宅レッド・ハウス、テート・ブリテンのゴッホのローヌ川の上の星空(ゴッホとイギリス展)

Osterley5
Red house1
Image
記事No. 5671

パスワードを入力してください