💙美術史文化講座: ロンドンの美術館などを訪問 (2月の平日編)

2020/02/24 10:27:16
タイプ
美術史文化講座
名前
美術史文化講座 吉川
電話番号
07920432839
メールアドレス

2月の平日のスケジュール

少人数で、ナショナル・ギャラリーを中心に美術作品を体験・鑑賞し、歴史や文化をわかりやすくひも解きます。 美術をほとんど知らない方でも、ちょっと通の方でも、お楽しみいただける美術史文化講座です。

上記のリンクから美術史文化講座のフェイスブックもご覧下さい。 フェイスブックをされていない方もご覧になれます。

以下の講座を開催。 講座は一回ごとに、ひと区切りになっていますので、単発でのご参加も可能。

ご参加の方は、お知らせください。

行きたい講座の日程が合わなければ、日程変更可能、ご相談ください。 訪れたい場所やテーマのリクエストも募集中!

1. 金曜講座と火曜(リピート)講座
ヨーロッパ絵画の宝庫、ナショナル・ギャラリーの作品を系統立てて時代順に鑑賞する講座と、関連する他の美術館も鑑賞。 ロンドンにいるからこそ体験できる本格的な美術史講座、初めての方も歓迎! 単発のご参加もOK、続けてご参加いただくと確実に力が養われます。 金曜と火曜の講座は同内容で、明記のもの以外は10時半から12時までと、1時から2時半までの2クラス(同内容)。

2月25日(火)ナショナル・ギャラリー  16世紀後半のヴェネツィアや北イタリアの絵画 21ポンド *25日は10時半からのみ

2月28日(金)と3月3日(火)ナショナル・ギャラリー  アルプス以北(現ドイツやベルギー)の16世紀絵画 21ポンド

2.平日の10時ごろ開始の講座
*開始時間は、ご希望によって少しずらすことも可能

2月26日(水)ウォーレス・コレクション  極上のフランス18世紀アンティーク陶器や家具、絵画 マリー・アントワネットの所持品も 10時10分から 地下鉄Bond Street 22ポンド

3.午後開始の講座
*開始時間をずらすことも可能

2月24日(月)ヴィクトリア&アルバート美術館  18・19世紀イギリスのアンティーク、紅茶の習慣やヴィクトリア女王、モリスも登場 1時半から 22ポンド

2月26日(水)メイフェアーの小さな美しい二つのカトリック教会での灰の水曜:ファーム・ストリートとスパニッシュ・プレイス  イースターの準備期間の始まりである灰の水曜の儀式や、教会美術を解説 12時20分にウォーレス・コレクション集合 地下鉄Bond Street 22ポンド

4. 親と子の美術鑑賞クラス
ご希望の美術館での親と子(5歳から14歳まで)の美術鑑賞、所要時間は約90分。 ナショナル・ギャラリーなど入場無料の美術館では、親子二人で28ポンドから、大人一人子供二人は35ポンドから。 入場料がある美術館などでは少しだけ高くなります。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

5. 美術館 プライベート訪問
ロンドンのいろいろな美術館を解説するプライベートな美術館や史跡訪問。 入場無料の美術館で1時間半の場合、3名以上は1名あたり22ポンドから、2名は55ポンドから(マイバスのガイドの約半額)。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile 07920 432 839

京都市出身 立命館大学文学部卒業
シティー・ユニヴァーシティー(ロンドン)芸術経営学 大学院ディプロマ修得
フィリップス・オークショニアーズ勤務後、ボンド・ストリートの老舗画廊アグニューズでコンサルタントを18年務めながら以下の学位修得
ロンドン大学 コートールド・インスティテュート 美術史 大学院ディプロマ修得
ロンドン大学 ユニヴァーシテイ カレッジ 美術史 修士号修得 博士課程満期終了

#美術史文化講座 #ロンドンの美術史 #ロンドンの美術館 #ロンドンの美術

画像は左から、ナショナル・ギャラリーのヴェロネーゼのマグダラのマリアの改心(16世紀後半のヴェネツィアや北イタリアの絵画)、ウォーレス・コレクション、イースターの準備期間の始まりである灰の水曜の儀式

C72bfa3a 1530 4df7 a356 dd251166d485
10fd5755 681c 4373 b783 f2a32046424c
Af663438 4cb2 497b 9e8a a131d165217a
記事No. 5671

パスワードを入力してください