💙美術史文化講座: ロンドンの美術館などを訪問しませんか(8月の平日編)

2018/07/22 00:23:40
タイプ
美術史文化講座
名前
美術史文化講座 吉川
電話番号
07920432839
メールアドレス

少人数で、ナショナル・ギャラリーを中心に美術作品を体験・鑑賞し、歴史や文化をわかりやすくひも解きます。 美術をほとんど知らない方でも、ちょっと通の方でも、お楽しみいただける美術史文化講座です。  美術史文化講座のフェースブックもあわせてご覧下さい。

以下の講座を開催。 講座は一回ごとに、ひと区切りになっていますので、単発でのご参加も可能。

ご参加の方は、お知らせください。

なお、8月15日まで夏期休暇をいただいております。 休み中のご連絡もウェルカム! すぐにご返事できない場合がありますが、必ずご返事いたします。

1. 金曜講座と火曜(リピート)講座
ヨーロッパ絵画の宝庫、ナショナル・ギャラリーの作品を系統立てて時代順に鑑賞する講座と、それに関連する他の美術館も鑑賞。 ロンドンにいるからこそ体験できる本格的な美術史講座、初めての方も大歓迎! 単発のご参加もOK、続けてご参加いただくと確実に力が養われます。 金曜と火曜の講座は同内容で、通常10時半から12時までと、1時から2時半までの2クラス(同内容)。20ポンド。

8月17日(金)と21日(火)ナショナル・ギャラリー  18世紀のイタリア:美しいヴェネチア(ヴェニス)の風景画を中心に

8月24日(金)と28日(火)ナショナル・ギャラリー  イギリスとフランスの18世紀絵画  ホガースのブラック・ユーモアや、ポンパドール夫人も登場

8月31日(金)と9月4日(火)ウォーレス・コレクション  ポンパドール夫人やマリー・アントワネットが愛した、18世紀パリのアンティークと絵画  ルイ15世やポンパドール夫人、マリー・アントワネットの所持品も! *この回のみ10時10分から12時までと、12時45分から2時35分までの二講座(同内容)、21ポンド

2.平日の10時ごろ開始の講座
*各講座の開始時間は、ご希望によって少しずらすことも可能

8月22日(水)ナショナル・ギャラリー  ゴッホ、フェルメール、ダヴィンチなど有名作や見どころを広く解説 10時から 21ポンド

8月23日(木)ヴィクトリア&アルバート美術館  ルネッサンスの美術と工芸 ダ・ヴィンチやラファエロの作品も 10時10分から 21ポンド

8月29日(水)オスタレー・パーク&ハウス(ナショナル・トラスト)  馬や白鳥もいる広大なカントリー・ハウス、アダムの優雅な18世紀建築、庭園広大 10時半にOsterley駅(ピカデリー・ライン)集合、入場料11.4ポンド(Art Fundは無料)、講座費25ポンド

8月30日(木)ナショナル・ギャラリー  絵画で見るキリストの一生、よくわかります! 10時10分から 21ポンド

*他にご希望の講座もリクエストください!

3.午後開始の講座
*開始時間をずらすことも可能

8月20日(月)コートールド・ギャラリー  モネ、ルノワール、セザンヌなど珠玉の印象派 コートールド閉館前の最後の講座! 1時から 地下鉄Temple 入場料7ポンド、講座費21ポンド

8月22日(水)レッド・ハウス(ナショナル・トラスト)  ウィリアム・モリスの手作りの自宅、お庭癒し系 12時10分Charing Cross駅集合、鉄道30分 ロンドン帰着4時半 入場料8ポンド(Art Fundは無料)、講座費25ポンド *お子様のご参加OK

*他にご希望の講座もリクエストください!

4. 親と子の美術鑑賞クラス
ご希望の美術館での親と子(5歳から14歳まで)の美術鑑賞、所要時間は約90分。 ナショナル・ギャラリーなど入場無料の美術館では、親子二人で28ポンドから、大人一人子供二人は35ポンドから。 入場料がある美術館などでは少しだけ高くなります。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

5. 美術館 プライベート訪問
ロンドンのいろいろな美術館を解説するプライベートな美術館や史跡訪問。 入場無料の美術館で1時間半の場合、3名以上は1名あたり20ポンドから、2名は50ポンドから(マイバスのガイドの約半額)。 ご希望に応じて講座を開設、日時と美術館をリクエストください

美術史文化講座
吉川 珠衣(たまえ)
artcultureora@hotmail.co.jp
mobile 07920 432 839

京都市出身 立命館大学文学部卒業
シティー・ユニヴァーシティー(ロンドン)芸術経営学 大学院ディプロマ修得
フィリップス・オークショニアーズ勤務後、ボンド・ストリートの老舗画廊アグニューズでコンサルタントを18年務めながら以下の学位修得
ロンドン大学 コートールド・インスティテュート 美術史 大学院ディプロマ修得
ロンドン大学 ユニヴァーシテイ・カレッジ 美術史 修士号修得 博士課程満期終了

ナショナル・ギャラリーのゴッホのひまわり、ウィリアム・モリスのレッド・ハウス、オスタレー・パーク&ハウス

Image
Red house5
Osterley7
記事No. 5671

パスワードを入力してください